<”孤独なる自動機械群”ユートピア> 

地球からの支援の撤退後、翌年のユートピアには地獄が待っていた。
諍いから核/生物兵器を使用した全面戦争に突入し、かつて緑豊だった惑星は、無差別な廃棄物投棄場となった。
戦争により地表の居留地を失った生存者達は、迫り来る終末の狂気を待ちながらも、巨大な要塞や、地下施設を建造していった。
巨大な大戦は生存戦争へと変貌を遂げ、彼らの無人戦闘機械技術はより洗練されていった。

CEFが再びユートピアに訪れたとき、彼らは荒廃した惑星で戦う優れた兵器群を目の当たりにした。
この自体に直面したCEFは、優れた技術で武装する全てのユートピアの人達を同盟として迎え入れる選択をしたのである。

火力:3
装甲:1
機動力:4
電子戦:4
物量:5


このユートピアも、カプライスとは別の方向でピーキーな連中です。
まず高性能な親機を選択し、その親機に大量のドローンをコントロールさせるといった感じのアーミーです。
ドローンは、激安コストの割に結構強いのですが、親機の一定範囲内に入っていないとまともに動きません。

典型的な物量アーミーであり、1人だけ40kやってるんじゃないかと思うぐらいの(笑.)超大量のミニチュアを並べて戦う事になるでしょう。
日本の少ないヘヴィギア人口の中、コレに挑む方が何人おられるか分からないのですが、かなりの試練になることは間違いありません。

ただし、データだけ読んだという前提ですが、ゲームに勝つための装備は一通り揃っていますので、真面目に構築すればかなり強いと思います。
誰か、ユートピアに挑む勇者が現れんことを…

トップに戻る